クルマのエンジンは、シリンダー内に送り込まれるガソリンと空気が混合した混合気が爆発することにより、エネルギーが発生します。混合気への着火はスパークプラグによりますが、スパークラグは着火のタイミングのズレを表しています。エンジンに最大のエネルギーを発生させるためには、シリンダー内の混合気の圧力が最大のときに、着火する必要がありますが、常に最大限のエネルギーが必要なわけではなく、エンジンの回転数が低いときなどはエンジンに負荷がかからず、着火のタイミングをずらすことでエンジンの出力を抑えます。また着火のタイミングにより、燃費を向上させる出力特性になるようエンジンを誘導することができます。着火のタイミングは、エンジン・コントロール・ユニットすなわちECUによって行われ、、エンジンの運転制御を電気的に行う補助装置で、エンジンコンピュータとも呼ばれています。エンジンの出力調整は、この着火時期のタイミングの他、ガソリンの噴射タイミングや噴射量、そしてアイドル回転数によっても行われ、これらを総合的に制御するのも、ECUの役割です。ロータリーエンジンは、シリンダーの形状が刻々変化する構造を持っていて、プラグの数は2本装着され、エンジンの出力調整がされています。。

最近の投稿