» 未分類のブログ記事

ユーザー車検の基礎知識

| 未分類 |

車検といえば高いというイメージを持つ人も多いでしょう。
ディーラーや整備工場に依頼をした場合、安くても7万円前後の出費は考えておく必要があります。
そんな車検を少しでも安く行いたいと考えた時、有効なのが、ユーザー車検を利用する方です。
これは、車検を受ける必要がある車を自ら陸運局に持ち込み、そこで車検を受ける方法です。
陸運局に持ち込み、車検を受ける事で、安い場合は1万円以下、通常でも3万円から5万円程度の価格で車検が完了する事になります。
ただ、ディーラーや整備工場に依頼をする車検とは違い、書類の記入や手続き等を、自らが行う為に多少の手間はかかります。
更に、もうひとつ、覚えておかなければいけないのが、検査の内容が必要最低限という事です。
道路を走行する上で問題がないかを確認するだけの車検となる為、車検の時点で走行に問題がないと判断されれば、検査は通過する事になります。
それに対して、ディーラーや整備工場の車検は、次の車検まで問題なく乗る事が出来るように、しっかりと検査をしてくれる事になります。
ディーラー等の車検は、かかる値段だけを考えると高くなりますが、車を長く安全に乗っていきたいと考えた場合には、大きなメリットがあります。

車検切れになってしまった自動車は、そのまま公道を走行すれば道路運送車両法に違反し、警察の取り締まりの対象となってしまいます。
もしこうした自動車で公道を走行したいという場合については、市町村役場の税務課、または運輸支局の窓口において、仮ナンバー交付を受けるという手段をとることが可能です。
仮ナンバー交付が受けられるのは、あくまでも車検場に持ち込むにあたってなどの臨時の用途に限られたものですので、そのまま買い物や旅行などに出かけるのはルール違反となります。
また、こうした不適切な用途に使用できないように、仮ナンバーの貸出期間についても制限されており、同一の市町村であれば1日間、遠隔地であったとしても5日間というのが原則となっています。
仮ナンバー交付を受けるにあたっては、期間を過ぎた車検証、運転する人の運転免許証、有効な自賠責保険証書、手数料にあたる現金または印紙、申請書、身分証明書などが必要となります。
申請書については、行き先までの経路、移動に必要な期間なども記入しなければなりませんので、そうした意味でも用途外に使用することは難しく、かならず車検を受ける目的などの制限は守らなければなりません。

1日車検というのは、文字通り自動車整備工場に自動車を入庫したその日に車検が終わるというシステムのことをいいます。
自家用の乗用車であれば、新車を新たに登録した後3年間、その後の継続車検は2年間というのが次回車検までの有効期限となっており、この有効期限が到来するまでに、自動車が保安基準に適合していることを確認するための車検を受けなければなりません。
ところが、この車検というのは公的な制度であるため、不具合の箇所がないように整備をした上で、当日は管轄の運輸支局などの車検場に自動車を直接持ち込んで、そこで係官のチェックを受けなければならず、どうしても時間がかかりがちでした。
この車検を1日で終わらせるしくみというのは、ユーザーから請け負った自動車整備工場が、地方運輸局からの指定を受けた指定工場として、法律上も独自に車検をすることが可能な専用の検査レーンなどを設けていることによるものです。
メーカー取り寄せ品のパーツ交換などの特別な事情がなければ、工場で整備をした後、ただちに工場内の検査レーンに回して確認を済ませれば、それで車検が終了します。
ただし、検査済証のステッカーは運輸支局が発行していますので、車検を通過しても即時交付とはならず、その何日か後となります。

現代社会では、自動車の存在は欠かすことができないものです。
都心よりも、地方に住んでいる場合には特に生活必需品になっています。
そんな自動車も、便利で役立つものですがその購入後も維持費がかかるものです。
維持費には、色々なものがありますがその中でも、やはり大きな金額になるのが2年に一度ある車検です。
この車検の費用を少しでも、安くできると維持費も抑えることに繋がります。
自動車を車検に出すときに、意外と見落としているのがその依頼をする時です。
安くする目安になるのが、国土交通省による指定工場の認定を受けていることです。
それは、指定を受けていることで、国の検査場に自動車を持ち込まなくても済むことです。
役割を果たす資格を持っているため、その場で車検のすべてを完了できるので時間も早く済むだけでなく費用もその分だけ安くできます。
しかし、この資格を得るには最低3名のスタッフと検査員が必要であり厳しく登録認可までの時間を計算すると、8年かかります。
もう一つの、認証工場は国の検査場に自動車を持ち込んで検査をしてもらいます。
その場で車検ができるところと、国の機関に持ち込んで検査をしてもらうことが2つの違いになります。

車検の豆知識まとめ

| 未分類 |

自動車を所持している人は、適切な知識を所有して運転するように義務付けられています。そのなかでも重要なのが、自動車の点検についてです。これに関しては、自身で行う日常的な点検からしっかりとした工場で見てもらうものがあります。どちらも重要ですが、行動などで見てもらう点検に関しては法律で義務付けられています。

整備不良があると、思わぬトラブルのもとになるので定期的に点検をするようになっているのです。自動車工場やその他の工場によって点検をしてもらうことを車検といいます。自動車を所持している場合には、一定の期間で点検を行わなければいけません。そのための期間を設けてあり、それを過ぎてしまうと公道を走れない状態になります。見つかった場合には罰則があるので注意するといいでしょう。

点検をしてもらえるところは、複数あるので自宅からの距離や工場に関する信頼度によって決めるといいです。また、料金によって決めるのもひとつの手段です。料金に関しては、点検だけでかかる費用と点検をした際に交換する必要があるパーツにかかる費用があります。そのため、点検をしてもらうときにはある程度の貯金をしておくといいです。車の状態によって違うと覚えておくといいです。

海08車検を受けようと思った時、まずすぐに頭に思い浮かぶのは整備工場かもしれませんが、どの整備工場でも同じというわけではありません。陸運局が行う車検を、陸運局の代わりに行うことができるのは、民間車検場と呼ばれる指定工場です。そういった整備工場で車検に必要なチェックをしてもらってOKになれば、陸運局に必要な書類を持っていけば、車検証を発行してもらうことができます。指定工場以外にも、認定工場というものがありますが、こちらは車検のチェックをすることができないので、車を整備してもらった後は、自分で陸運局に持って行き、車検を受ける必要があります。車検の依頼先を考えた場合、中古車を購入した場合は、その中古車の販売店、新車の場合はその新車のディーラー、他にも、近所にある整備工場やカー用品の販売店に併設されている整備工場などがあるかもしれませんが、特にどこも思い当たるところはなく知り合いの紹介も無い、という場合には、依頼したい工場を選ぶ際には、まずそこが指定工場かどうかをチェックする必要があるでしょう。費用に関しては、工場によって異なりますが、一般的には、ディーラーより整備工場の方が価格設定が低めなようです。

海-イルカ車検の際に必ず必要になってくるのが車検証です。検査に合格していることを証明できる書類ですから、とても重要なものですし、その内容をきちんと理解できていることは、ドライバーとして最低限求められていることといえます。
実際に正しく理解できていないと、いざ点検などを受けるときに自分が困ってしまう事になるのできちんと表記されている内容を読み取れるようにしましょう。
まず、基本的なこととして、車のナンバープレートの情報について、そして車を登録した年月日、点検などを受けた年月日、次の点検を受けるべき日など、大事な情報がほぼ記載されているといえます。
さらに車の所有者の氏名、実際にその車を使用している人の氏名も記載されます。これによって、ここに記載されている人以外が、無断で車を使用することを防ぐことができます。
さらに車の燃費基準などについても表記されています。ざっと目を通すだけでも、自身の車についての必要な情報をすべて得ることができます。だからこそ点検の際に不可欠であり、無くさないように保管しておかなくてはなりませんが、通常は愛車のダッシュボードに常備入れておくなどして、常に提示できるようにしておくとよいでしょう。

海-クジラ

私たちの日常生活に欠かすことのできない重要な移動手段の一つである自動車は、便利である反面高い危険性をもはらんだ乗り物であると言っても過言ではありません。
悲惨な事故を引き起こさないためにも万全の体調で安全運転を心掛けることはもちろんですが、自動車本体にも不備がないように整えて運転をすることが重要となります。

適正な状態で自動車を運転できるように法律によって定められた一定期間毎に行われる自動車の検査を車検と言い、車検に合格すると一定期間その自動車で公道を走行しても良いという許可をもらうことができます。

車検に合格しなければ公道を走行することは許されませんし、一度車検に合格すれば永遠に走行できるというわけでもありません。
車検には有効期間が設けられているので、期間についてはしっかりと把握して適切な管理を行いたいですね。

車検の期間は一般的な家庭用乗用車の場合、新車で購入した場合は3年間有効であり、その後は2年に1度の割合で車検を受ける必要があります。
自家用車の場合でも11人以上が載ることのできる大型自動車の場合は新車で購入した場合も継続の場合も1年毎に車検を受ける必要があるので注意が必要となります。
また特殊自動車や貨物自動車はそれぞれ独自の期間で車検を受ける必要があるので購入する際には事前に確認をしておくとよいでしょう。

海09車検は普通車の場合は新車で3年、その後は2年ごとに行う必要があります。車検はディーラーや一般整備工場でも受け付けており、自分が住んでいる地域外でも受けられます。車検にはいくつか用意しておくものがあります。まず、費用については重量税などの各種税金の他に、ディーラーで受ける場合は整備料も必要となります。ただし、整備料は必須ではなく、格安車検代行を利用すると車検のみで安く行うことができます。ただし、整備については3年、2年ごとにしっかり見てもらえるので安心でもあります。費用の他にはハンコと自動車税の納付証明書が必要です。納付証明書は業者側で取得することもできますが、用意しておくとスムーズに進みます。納付証明書は納付した際にもらえるのですが、もし、紛失しても再発行ができるので業者に問い合わせておけばよいです。まだ納付していない場合は車検前に必ず納付することが大切です。重量税は車検を受ける前まで3年、もしくは2年分が必要です。ただし、3年、2年目については車検のタイミング的に前年分の納付証明書でよいこともあります。いつまで納付証明書が使えるかは、納付証明書に期限が欠かれているので確認しておくとよいです。

海07自ら運輸支局などに車両を持って行って継続検査を受けることをユーザー車検と言います。自動車ディーラーや修理工場に依頼した場合と比較して、基本料がかからない分だけ費用が安く済みます。検査の予約はテレホンサービスまたはインターネットで24時間可能です。検査場は全国各地にあります。当日に予約することも可能ですが、場所や日程によっては予約できない場合もありますので、早めに予約しておいた方が無難です。一回で検査に合格したい場合は、検査上の周辺にあるテスター屋に車を持って行って、事前に必要な調整や補修などを行うこともできます。書類に必要事項を記入して受付へ提出し、費用の支払いが完了したら、予約受付カウンターで必要書類をチェックします。問題がなければ検査コースへ入り各種検査を行います。検索コースは自由に見学することができますので、事前に検査内容を確認しておくと良いでしょう。車に乗って検査コースを進みながら、窓口の係員の指示に従い、電気関係・排気ガス・サイドスリップ・スピード・ライト・ブレーキ検・下回りなどの検査を行っていきます。検査は早ければ20分以内に完了できます。検査が完了したら、窓口に検査済書類を持ち込み、ステッカーなどの交付を受けます。

最近の投稿