アイランド03自動車を運転するためには運転免許が必要です。運転免許には様々な区分が設けられており、それに応じて運転することができる車の種類や大きさ、そしてその目的などが異なります。第一種運転免許もその区分のひとつで、これは自動車や原動機付自転車、いわゆる原付を一般的な目的で運転するために必要な免許証です。一般的な目的と言うのは、たとえば買い物や通勤通学などです。これが、たとえば自分以外の人を乗せて報酬を得ることを目的とする場合には、第二種運転免許が必要となります。ただし、荷物運搬で報酬を得ることが目的の場合の運転においては、第一種の免許だけでじゅうぶんです。そして更に、この第一種の中に、たとえばトラックなどを運転する際に必要な大型自動車免許、多くの人が日常生活において運転している普通自動車免許、排気量が400cc以上の大型自動二輪車を運転する際に必要な大型自動二輪免許、ジョベル・ローダやロータリー除雪自動車と言った特殊な自動車を運転するのに必要な大型特殊自動車免許あるいは小型特殊自動車免許などの区分が設けられています。ですから当然のことながら、第一種の中の普通自動車免許を所持しているからと言って、トラックを運転できると言うわけではありません。あくまで土台として普通自動車免許を所持したうえで、免許取得のための講習や試験を受けるための資格を得るために、所定の運転年数などの条件を満たす必要があります。

最近の投稿