道の駅「どんぐりの里いなぶ」は、愛知県豊田市の153号線沿いに位置しています。
バスでのアクセスも可能な道の駅です。

アイランド02稲武町では米の生産が盛んで、農業研究所で様々な米の品種改良が行われてきました。
80年近くにわたって米の種類を世に出してきたこともあり、稲武は「お米のふるさと」と呼ばれています。

そのため、どんぐり横町と呼ばれる売店では米に関する商品が多数並んでいます。
地元の米をはじめ、米粉のパンやお酒も種類豊富です。
米は通信販売もしているので、試食をしてお気に召せば取り寄せも可能です。
標高が高いため、地元農家の出品する野菜は、自然の甘みが強く人気があります。
またブルーベリーも特産品で、ブルーベリージャムはお土産におすすめです。
食堂では、米粉を使用したうどんや、味が気になるブルーベリーカレーというものもあります。

どんぐりの湯という露天風呂の広い天然温泉施設もあり、来場者の疲れを癒してくれます。
たまたま立ち寄った場合でも、タオルの販売やレンタル、館内着のレンタルもできるので、ちょっと一風呂浴びて出発する事ができます。
風呂の薬湯はラベンダーやブルーベリーやりんごといったなかなか他では見られない薬湯が用意されています。

月替わりでイベントが行われており、訪れるたびに違う催しに出会えるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

最近の投稿