国道の定義って?

| 未分類 |

一般的には日本の道路のうち国が建設や管理をするもののことです。しかし、その中にも一部区間を都道府県に移管している所もあるので、すべてが国の建設、管理ということではありません。この道路は、国の幹線道路であり、県道や市道といった道路は、それを補完しているものであると言えます。
定義は、道路法に定められており一般道と高速自動車道とに分けられます。一般道はさらに指定区間と指定区間外とに区別されます。指定区間の道路は交通量も多く重要な区間であるといえます。一般的に想像されるものは指定区間の一般道であることが多いです。高速自動車道の新設や改築や修繕といったことは国土交通省から許可を受けたNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本がそれぞれ代行しています。新直轄区間においては国土交通省が管理を行います。一般的には高速と呼ばれている道路です。
標識は道路標識、区画線及び道路標示に関する命令に定められています。形状は丸い下向きの三角形でおにぎりを逆に向けたようなものです。色は水色です。正式名称は国道番号であり、分類番号が与えられています。普通に生活していて道路に関心をよせることは少ないですが、自分の運転している道路がどのような道路なのかを考えると、いつものドライブに違った趣が生まれてきます。

最近の投稿