現在、高速道路や一般道路に設置されているセンサーによって交通量や速度などの交通情報が検知され、渋滞かどうかの判断がされています。情報はリアルタイムで処理され、カーナビゲーションやテレビ、ラジオ、インターネット、道路上の情報板などを通して得ることができます。
また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの特に混雑が予想される時期については、高速道路の過去の渋滞情報を分析することで、渋滞のピークを予測しています。
さらに、GPSやDSRCの開発が進められ、今後は現在よりも正確な情報が得られることが期待されています。
渋滞の解消は、ドライバーの移動時間を短縮するだけでなく、消防車や救急車などの緊急車両が現場に急行するためにも必要です。また、二酸化炭素の排出が減少すれば、地球温暖化を抑えることにもつながります。
自動車を運転するドライバーは、得られる情報を入手するだけでなく、実際に活用することが重要といえます。たとえば、自動車以外の電車やバスなどの交通機関を利用すれば、自動車の量自体が減少するので非常に有効な手段です。自動車を利用する場合でも、移動する時間帯を変更したり、ルートを変更することなどで渋滞を緩和する工夫が可能です。宇宙03

最近の投稿