そもそも渋滞とは

| 未分類 |

交通渋滞は道路のインフラストラクチャーを越える交通量で、車の移動速度が停止または減少した状態のことを指します。平時は問題のない場所でも、年末年始やお盆などの連休がある期間において、多くの人が車を使って移動する際、交通集中が要因となって、信号交差点、工事による車線規制、交通事故、悪天候や料金所、分岐点などで発生します。定義は道路管理者や交通管理者ごとに異なり、一般道路および高速道路でも、それぞれに違いがあります。国土交通省では一般道路の車列の長さが1km以上または通過時間が10分以上とされ、人口密度が低い地域では、500m以上または通過時間が5分以上のことを指します。しかし、警視庁では一般道路で走行速度が20km以下の状態、高速道路では走行速度が40km以下の状態とされていて、完全に定まったものではないようです。また、東日本、西日本、中日本の管理する高速道路では、「時速40km以下で低速走行あるいは停止発進を繰り返す車列が、1km以上かつ15分以上継続した状態」と定義しており、管理会社の違う首都高速道路では時速20km以下と定めています。ニュースなどで公開される情報は、この定義によって表現されていますが、定義を越えていないものについては、混乱を避けるために「混雑」という表記が用いられています。

最近の投稿