海04自動車のエンジンにもいろいろ種類がありますが、大きくはガソリンとディーゼルにわけられます。ディーゼルは高圧縮で燃料とともに自己発火するもので点火プラグがありません、そのトルク特性からトラックなどに使用されています。
ガソリンにはレシプロとロータリーがあります。レシプロはピストンがシリンダー内を上下運動を行い、クランクシャフトを回転させます。
自動車に使用されているのはほとんど4ストロークといわれるもので、ピストンが回転運動するごとに吸気、圧縮、膨張、廃棄というサイクルによってクランクシャフトを2回転させるものです。
スポーツカーになるとより性能を上げるため吸気と排気のカムが2つあるダブルオーバーヘッドカムや圧縮比を上げたりすることで性能を上げたものを使用します。
またロータリーはその特性からスポーツカーむきとも言われています。これはピストンがローターに置き換わると考えて、ローターが回転するごとに吸気、圧縮、膨張、廃棄を行うものです。
なぜスポーツカーに向いているのか、それは軽量コンパクトでハイパワーだからです。レシプロのようにピストンやバルブなどが不要で、回転軸に直接取り付けられていてパワーロスが少ないからなのです。

最近の投稿