海09車検は普通車の場合は新車で3年、その後は2年ごとに行う必要があります。車検はディーラーや一般整備工場でも受け付けており、自分が住んでいる地域外でも受けられます。車検にはいくつか用意しておくものがあります。まず、費用については重量税などの各種税金の他に、ディーラーで受ける場合は整備料も必要となります。ただし、整備料は必須ではなく、格安車検代行を利用すると車検のみで安く行うことができます。ただし、整備については3年、2年ごとにしっかり見てもらえるので安心でもあります。費用の他にはハンコと自動車税の納付証明書が必要です。納付証明書は業者側で取得することもできますが、用意しておくとスムーズに進みます。納付証明書は納付した際にもらえるのですが、もし、紛失しても再発行ができるので業者に問い合わせておけばよいです。まだ納付していない場合は車検前に必ず納付することが大切です。重量税は車検を受ける前まで3年、もしくは2年分が必要です。ただし、3年、2年目については車検のタイミング的に前年分の納付証明書でよいこともあります。いつまで納付証明書が使えるかは、納付証明書に期限が欠かれているので確認しておくとよいです。

最近の投稿