クルマの荷室スペースが狭い場合、ルーフにキャリアやルーフボックスを装着すると便利です。特にルーフボックスは閉じることができるので雨の日も問題がなく便利ですが、用途にはよってサイズや形状が違います。そのため用途目的に合わせて、またクルマのサイズに合わせて最適なものを購入する必要があります。

ルーフボックスの種類は、まず、キャンプ用品なとかさの高いものを収納することができるモデルがあります。高さがあり、収納力も高いのがこのタイプの特徴です。また、収納できる容量を稼ぎながらも、出来るだけ高さが高くならないような形状のタイプもあります。サーフボードやスキーなどを収納をするのに適したタイプです。さらに機能性はもちろん、デザイン性を重視したタイプのものもあります。

ルーフボックスを装着すると、クルマの高さが高くなってしまうために、立体駐車場などにクルマをとめることができない場合があります。しかし、その度に脱着するのも大変という方のたまに、最近は折り畳んでコンパクトなサイズに収納できる素材でできたタイプのものも出ています。製造メーカーは複数ありますので、それぞれの特徴を比較して、最適なものを選ぶと良いでしょう。

最近の投稿