自動車は、マイカーとして使用する場合や、専ら営業に使用する場合等、様々な環境の下、使用されている状況にあります。自動車は、このような背景にありますので、その使用頻度も、自家用に徹するマイカーと、営業に従事する専用車では、大きく異なる事が予測されるのです。
よって、自動車保険に対しても、自家用車と営業車では、保険料率を含む様々が異なる状況となるのです。そのため、自動車保険加入時には、自動車を自家用とするのか、営業車とするのか、について、自動車の使用形態を告知する必要があるのです。
また、普通乗用車や小型貨物車等、自動車の種類についても、告知するのですが、これらは、自動車のナンバープレートの色が、白色、黄色は自家用車であり、緑色、黒色は営業車とされており、また、番号により区分されておりますので、走行中にあっても、それ等を識別する事が可能な環境にあるのです。
先のように、自動車を取り巻く用途は、様々が想定されますので、使用頻度や車種により、保険料率を細分化する事で対処しているのですが、使用頻度により、事故確立が高くなる可能性も否定できない現況にありますので、保険料率の適性負担を旨とする観点からも、このような区分が必要であると認識しております。

 

 

最近の投稿