渋滞はなぜ起こるの?

| 未分類 |

お盆や正月など長期休暇になると、一斉に車で帰省する人が増えるために、高速道路に殺到します。
そうしてテレビに映し出された情報では、いつも同じ箇所で渋滞が起きていることに気がつくはずです。
その理由を突き詰めれば、発生のメカニズムを理解する事が可能です。
まず、必要となる条件は、道路いっぱいに車がなければいけないので、交通量が多いことです。
長期休暇中の高速道路を例に出しましたが、日常でも交通量が多い都心部で発生しています。
次に必要となる条件は、スピードを落とす要因があることです。
信号、道路工事、周辺で何かトラブルが起こっている、坂道であることに気が付かずアクセルを十分に踏んでいない。といったことです。
道路工事やトラブルは、一時的なものですから、その問題が解消されれば、発生することはありません。
しかし信号は、抜本的な解決方法を行わないかぎり、ずっと発生し続けます。
信号がない高速道路でも発生するのは、わかりにくい坂道が原因であることが多いです。
前の車のスピードが落ちて、車間距離が縮まると、危険を感じて後続車もブレーキを強く踏み、それが連鎖して集団のようになってしまうからです。
この場合には、道路の脇に看板などで注意喚起をしておくと、解消する可能性があります。宇宙04

最近の投稿